吉野ヶ里町 yoshinogari-town

吉野ヶ里町内の町道に架かる橋梁の点検結果及び長寿命化修繕計画について

吉野ヶ里町ホーム > まちづくり > 土木・建築について > 吉野ヶ里町内の町道に架かる橋梁の点検結果及び長寿命化修繕計画について

平成21年度実施した、町道に架かる15m以上橋梁の点検結果概要を公表します。

点検結果概要一覧表.pdf



平成25年度おいて2m以上の町内橋梁について、長寿命化修繕計画を作成しましたので、公表します。

長寿命化修繕計画 目的 基本方針.pdf

長寿命化修繕計画 個別計画(1).pdf
※町内橋梁120橋の内、簡易構造であるボックスカルバート45橋を除く74橋及び横断歩道橋1橋に
 ついて策定。
  また、横断歩道橋は計画内では無名橋20となっておりますが、現在、吉野ヶ里公園駅自由通路と
 名称を変更しております。



道路法及び道路法施行規則に基づき、町内の道路橋を5年に1度の頻度で近接目視にて点検する必要があり、
その計画及び点検済みの橋梁について公表します。
※なお、吉野ヶ里公園駅自由通路は、平成28年度の点検後に別途報告します。
橋梁点検計画及び結果.pdf

※各点検結果の判定区分内容は以下のとおりです。
区分1 健全 
状態  構造物の機能に支障が生じていない状態。

区分2 予防保全段階
状態  構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。

区分3 早期措置段階
状態  構造物の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。

区分4 緊急措置段階
状態  構造物の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。 
このページのトップへ