吉野ヶ里町 yoshinogari-town

民泊など被災者の受入

吉野ヶ里町ホーム > まちづくり > 東北地方太平洋沖地震被災地支援の取り組み > 民泊など被災者の受入

東日本大震災被災者の民泊受け入れについて
 

 佐賀県は、震災直後から、コミュニティ単位での避難を想定し、東日本大震災の被災者を3万人受け入れることを決定され、吉野ヶ里町におきましても約550人を受け入れる準備をするため、町民の皆様には大変ご協力をいただきました。
 しかしながら、今回、被災者3万人受入の目標が取り下げられるとともに、被災地や県内への避難者の受入の状況等を考慮して、民泊等の登録を一部解除することとなりました。
 ご協力いただきました皆様には、深く感謝申し上げますとともに、今なお復興に向かい全力を尽くしている被災地の支援につきまして、より一層のご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


 
※ ご注意ください!
 ボランティアを装った義援金詐欺も発生しています。行政や企業が電話や訪問して寄付を要求することはありません
 
 
総務課 (三田川庁舎) TEL37-0330
このページのトップへ