吉野ヶ里町 yoshinogari-town

国民年金

吉野ヶ里町ホーム > くらしのガイド > 保険・年金 > 国民年金

●こんな時は、年金の届出が必要です。

 手続きには、年金手帳や必要な書類がありますので、事前に役場か佐賀年金事務所お客様相談室(電話 0952-31-4191)におたずねください。

こんなとき どうするの…? 届出先
国民年金に入る・やめる 20歳になったとき 国民年金に加入の手続きをする 第1号被保険者⇒両庁舎の住民課
第3号被保険者⇒配偶者の勤務先
会社を退職したとき 国民年金に加入の手続きをする
(被扶養配偶者も同様)
両庁舎の住民課
結婚や退職で配偶者の扶養になったとき 第3号被保険者への種別変更の手続きをする 配偶者の勤務先
配偶者の扶養からはずれたとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする 両庁舎の住民課
配偶者が会社をかわったとき 引き続き第3号被保険者となる手続きをする 配偶者の新しい勤務先
年金手帳をなくしたとき 再交付の手続きをする
第1号被保険者⇒
 
両庁舎の住民課

第3号被保険者⇒

両庁舎の住民課
  佐賀年金事務所
保険料を納める 口座振替を開始、停止、変更するとき 口座振替依頼書を提出する 銀行・郵便局・農協・信金・信組・労金・佐賀年金事務所
納付書を紛失したとき 納付書の再発行を申し出る 佐賀年金事務所
保険料を納めすぎたとき 国民年金保険料の還付請求書を提出する 佐賀年金事務所
保険料を納めることが困難なとき 全額または一部免除の申請をする 両庁舎の住民課
学生で保険料を納めることが困難なとき 学生納付特例の申請をする 両庁舎の住民課
若年者(30歳未満の方)で保険料を納めることが困難なとき 若年者納付猶予の申請をする 両庁舎の住民課
年金をもらう 65歳になったとき 老齢基礎年金の受給手続きをする 第1号被保険者期間のみ
 ⇒両庁舎の住民課
第2・3号被保険者期間を含む
 ⇒佐賀年金事務所
障害をもつ状態になったとき 障害基礎年金の受給手続きをする 初診日が…第1号被保険者
  ⇒三田川庁舎 住民課(年金係)
初診日が…第3号被保険者
 ⇒佐賀年金事務所
20歳前に…障害になった場合
 ⇒三田川庁舎 住民課(年金係)
死亡したとき 国民年金加入中⇒遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金の請求 両庁舎の住民課
国民年金受給中⇒未支給年金の請求・死亡届 両庁舎の住民課
老齢福祉年金受給中⇒未支給年金の請求・死亡届 両庁舎の住民課

 
●ご存知ですか? 国民年金の任意加入制度。 (H25.12.24更新)

 60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。

 1
.年金額を増やしたい方は65歳までの間
 2.受給資格期間を満たしていない方は70歳までの間
 3.外国に居住する20歳以上65歳未満の日本人
  の方も任意加入することができます。

 なお、平成20年4月1日から3.を除き保険料の納付方法は、口座振替が原則となりました。
日本国内に居住している方の任意加入のお申込窓口は、佐賀年金事務所または三田川庁舎住民課(年金係)です。

 
このページの作成者・お問合せ先

吉野ヶ里町役場 住民課
  
住所:〒842-8501 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田321番地2 
電話:0952-37-0333  FAX:0952-52-6189  Eメール:jumin@town.yoshinogari.lg.jp

このページのトップへ