吉野ヶ里町 yoshinogari-town

町長の部屋

吉野ヶ里町ホーム > 町長の部屋 > 陸上自衛隊所属ヘリコプター墜落対応

2018年02月09日
陸上自衛隊所属ヘリコプター墜落対応
2月5日(月)
16:43 陸上自衛隊目達原駐屯地の第3対戦車ヘリコプター隊所属のAH-64D戦闘ヘリコプターが墜落し炎上。
17:00 TVニュースでヘリコプターの墜落炎上を知る。
17:47 目達原駐屯地司令より直接、事故の報告を受ける。2月6日に駐屯地を訪問することを伝える。
17:50 神埼市千代田町嘉納の火災現場の状況確認。炎は収まり白い煙が立ち上がっていた。消火活動が行われているなか近くで現場の確認。
19:00 総務課、企画課担当職員に今後の対応、情報収集、住民への周知を指示。
 
2月6日(火)
8:30 目達原駐屯地を訪問。 副処長による応対を受ける。はじめに「この度は大変ご心配をおかけしました」との挨拶を受ける。「現場対応に追われており、原因究明については本日から調査が始まる」と報告。
町として、「1.同型機の飛行停止と他のヘリの安全対策の徹底、2.情報公開の徹底、3.町として自衛隊に対し協力できることを行うこと」を申し入れた。
9:00 防衛省、九州防衛局に事故の対応について電話をする。
10:30 田村貴昭衆議院議員、仁比聡平参議院議員来庁。吉野ヶ里町の現状と安全対策の徹底、情報公開を要望する。
11:30 大野啓太郎防衛大臣政務官(衆議院議員)、戒田重雄西部方面総監部幕僚副長、三貝哲九州防衛局長、森卓生防衛装備庁装備政策課長、来庁。政務官からは「この度の件については大変申し訳なく、お詫びいたします」と謝罪。
政務官には、目達原駐屯地で副処長に伝えた内容を改めて伝える。加えて、事故だけでの対応ではなく日々ヘリが訓練を行っている駐屯地周辺の現状と安全対策にもっと配慮いただきたい旨を要望する。政務官は「重く受け止め今後対応する」と返答された。
13:05 福岡資麿参議院議員より電話あり。今回の事故に対する要望を聞かれる。
ヘリ訓練と駐屯地周辺の安全対策の徹底と情報公開を伝える。
17:05 岩田和親衆議院議員より電話あり。今回の事故に対する要望を聞かれる。
   福岡参議院議員へと同じく、ヘリ訓練と駐屯地周辺の安全対策の徹底と情報公開を伝える。
 
【2月7日 追記】
2月7日(水)
10:00 山崎九州補給処長兼目達原駐屯地司令、水野第3対戦車ヘリコプター隊長が来庁され、「多大なご迷惑とご心配をかけて誠に申し訳ない」との謝罪と、事故原因について事故調査委員会による調査後、速やかに報告をするとの発言を受け、町としては、住民の皆さんの安心につながるよう、徹底した原因究明を行い、情報公開と再発防止に努めることを依頼した。
 
【2月8日 追記】
2月8日(木)
14:30 山崎九州補給処長兼目達原駐屯地司令が来庁。今後の情報収集について報告と協力依頼を受ける。
   町としては、改めて情報の発信について依頼を行い、今後の連絡体制についての確認をした。
 
【2月9日 追記】
2月9日(金)
18:10 岩田和親衆議院議員来庁。防衛省に対する要望事項の確認。
 
【2月14日追記】
2月10日(土)
14:30 小野寺防衛大臣、山崎陸上幕僚長、鈴木装備庁長官、高橋官房長、三貝九州防衛局長が来庁。
防衛大臣が事故に対する謝罪。徹底した原因究明、再発防止について言及された。幕僚長から事故の経緯について説明を受ける。
吉野ヶ里町は、町長、町議会議長、町議会副議長の3人で応対し、次のとおり申し入れした。
1.事故発生の自治体だけでなく基地のある町へも情報の早期提供をお願いしたい。
   2.安全対策を徹底していただきたい。
   3.情報公開と細やかな情報伝達をお願いしたい。
 
2月11日(日)
12:00 陸上自衛隊目達原駐屯地において、殉職された隊員に対する部隊葬送式が執り行われた。町からは、町長、町議会議長が参列した。
15:00 立野・上中杖・下中杖・曽根・目達原の5地区の区長に今回の事故に伴う住民の精神的なケアの申し入れと情報の収集を依頼した。
 
2月12日(月)
11:30 苔野地区区長に今回の事故に伴う住民の精神的なケアの申し入れと情報の収集を依頼した。
 
2月14日(水)
8:30 事故に対する住民からの相談や情報提供への対応状況について、関係課長と協議(総務課、企画課、保健課、福祉課、学校教育課)。

【2月16日追記】

2月15日(木)
16:50 佐賀県知事と県内の市町の首長が意見交換を行うGM21ミーティングにて、山口祥義佐賀県知事に佐賀県と町との情報共有を要望した。

【2月19日追記】
2月16日(金)
13:30 山崎九州補給処長兼目達原駐屯地司令が来庁。ヘリ飛行再開について説明を受けた。
 町議会全員協議会において、今回の事故の経緯を報告した。

【2月20日追記】
2月20日(火)
9:30 区長会にて、今回の事故の経緯と町としての対応を報告した。

【2月21日追記】
2月21日(水)
13:00  山崎九州補給処長兼目達原駐屯地司令より、明日(2月22日)より事故機以外のヘリ飛行再開の連絡を受ける。

 
 
このページのトップへ